CITTA手帳

未分類

【CITTA手帳】って何?未来を予約する手帳の使い方を解説

CITTA手帳

  • 時間がない、時間管理が出来ない
  • 叶えたい夢がある
  • 本当の望み通りに生きたい
  • 手帳を書くことが続かない

こんな悩みを解決した方は、CITTA(チッタ)手帳、CITTA(チッタ)式メソッドをおすすめします。

私は2018年から使い始めました。

CITTA手帳のカラーは何色かあります。

2018年はターコイズ、2019年はマゼンタ、2020年はミモザイエローにしました。

 

すまいる
CITTA手帳は3月始まりと10月始まりが発売されています。私は10月始まりを毎年1月から12月で使っています。

上記のツィートで書いた通り「手帳迷子だった私が1年使い続け、現在3冊目を使っている手帳」がCITTA手帳です。

CITTA(チッタ)手帳、CITTA(チッタ)式メソッドは手帳マニアでヨガインストラクターの青木千草さんが考案した「手帳+ヨガ思考」の手帳術です。

今まで何冊も手帳が続かなく、壁掛けのカレンダーに自分の予定や子供の予定などを書き込んでいました。

すまいる
手帳がどうせ続かないなら100均の手帳でもういいかな?と思っていた私が3850円のCITTA手帳を使い始めるには勇気がいりました。

でも今の私から変わりたいと言う思いで、CITTA式メソッドを学びCITTA手帳を使い始め3冊目になりました。

手帳選びで大切なのは、「これでいいかな~」ではなく「これがいい」で選ぶことです。

お気に入りの手帳なら、さらに手帳を書くことが楽しくなります。

今までは漠然と変わりたい、何かやりたいと思いながらもそれがはっきりしないもやもやがありました。

CITTA手帳を使い始めて「自分自身の本当の望みはなんであるのか」と突き詰めるようになりました。

そして、自分の進みたい未来や願いははっきりしました。

自分のやりたいことが、はっきりしても次はそれをやる時間を見つけることが、2歳差3人の子供を育てながら日々の家事や子育ての中では大変に感じました。

CITTA式メソッドを学んでからは、以前よりも時間の使い方がうまく出来るようになったと感じるようになりました。

今では手帳はCITTA手帳以外考えられません。

CITTA式メソッドを知れば、手帳で時間管理、ヨガ思考でブレないマインドを手に入れ本当の自分の望み通りに生きられます。

CITTA手帳 

手帳を書くためにお気に入りのペンを見つけています。

私は、0.5ミリのペンを2色使って書いています。

 

CITTA手帳は未来を予約する引き寄せツール使い方を紹介

CITTA手帳はただ予定を書く手帳ではなく、自分の未来を予約する手帳です。

CITTA(チッタ)とはサンスクリット語で「心」を意味します。

ココがポイント

CITTA式メソッドの4つのポイント!

  • ワクワクリストを書く
  • 時間を見える化して隙間時間、無意識に無駄にしている時間を見つける
  • やりたいことをいつまでにやるか日付を書き込む
  • 週に1回の手帳タイムを作る

多くの人が手帳が続かない原因に「決められた予定だけ、やらなければいけないこと」を書いているからではないでしょうか。

人は楽しいと感じることでなければ、なかなか続きません。

私も、ブログをもう5年書いていますが、楽しいから飽きっぽい私でも続けられています。

自分のやりたいことを書くCITTA手帳、CITTA式メソッドなら今まで手帳が続かなかった人も続けられることが出来るかもしれません!

私のように「手帳は続かない」と諦めていた人もCITTA式メソッドで、なりたい自分、叶えたい夢を叶えませんか?

【CITTA手帳】未来を引き寄せるワクワクリストの使い方

CITTA手帳 ワクワクリスト

CITTA手帳には、他の手帳にはない「ワクワクリスト」を書くページが毎月あります。

はじめは、自分の中で現実的に難しいと思うことはなかなかブロックが外れず書きにくいかもしれません。

私の場合、3人の小学生の子供を育てているので時間的に難しいことがたくさんあります。

でも、大切なのは「時間もお金もあったら何をやりたいんであろうか?」と自分の本当の望みを知ることです。

以前、CITTA手帳を使い始めた時に、使っていないウィークリーページに自分の理想の一週間を書いて見たことがありました。

私の書いたその時の一週間は、ほぼ毎日誰かとランチをしてショッピングをしたりその合間に習い事をする予定で埋まっていました。

でもよく考えたらそういう生活にあこがれはあっても、私は面倒くさがり屋な一面があり外に出かけるよりも家で仕事をしたりのんびり子供の帰りを待つ方が好きだと気が付きました。

ワクワクリストを書く上で大切なこと

  • 〇〇する、〇〇に行くなど断定形に書くこと。
  • 日付も忘れずに入れる。

断定形で書くことでより未来を引き寄せやすくなり、日付を入れることで覚悟が生まれます。

すまいる
ワクワクリストにただ書くだけではなく、どうしてそれがしたいのか?どうやってするのか?本当にそれがしたいのか?本当の自分の望みはどんなことなのか考えてみましょう

【CITTA手帳】未来を引き寄せるマンスリーの使い方

CITTA手帳 マンスリー

CITTA手帳のマンスリーは2か月見開きで、先が見通せるようになっています。

CITTA手帳では、マンスリーには時間を書き込みません。

ウィークリーページで、自分の時間をコントロール出来るようになるためです。

そして、ウィークリーページを見るくせづけをするためです。

マンスリーページの上には毎月、今月に叶えたいことを書きます。

新月や満月や、何か物事を始めるのに良いと言われる一粒万倍日や日本の暦の上で、最高の吉日の言われる天赦日もマンスリーに書かれています。

【CITTA手帳】未来を引き寄せるウィークリー使い方

CITTA手帳 ウィークリー

CITTA手帳で、一番書き込むのがウィークリーではないでしょうか。

  • 上の段には、今週の目標を書く
  • 右側のメモ欄は、今週のTodoリスト
  • 自分の時間を見えるかして、隙間時間を見つけよう

朝5時から24時間のバーチカル手帳です。

バーチカル手帳とは、1日分の縦長のスペースに時間軸がついている手帳のことです。

1度、自分の今までの一週間をどんな風に時間を使っていたか書き出してみてください。

書き出すことで、時間を見える化して無意識に使ってしまっている時間がないかチェックします。

私も「時間がない」と思いながらもついSNSをチェックしている時間が多かったです。

CITTA式メソッドでは、週1日手帳タイムを持つことをおすすめしています。

カフェなど、家以外で書くこともおすすめしています。

週1回の手帳タイムで先2週間分の予定を書き込みます。

家だとついだらだらとしてしまい、続かない原因になるので意識的に手帳を書くことを週間づけましょう。

すまいる
人の行動が習慣化するためには3週間かかるそうです。ワクワクを大切に続けてみましょう!

私は、手帳タイムは自分との会議時間だと考えています。

やりたいことをどう叶えて行くか、頭の中だけで考えているとどうしても気持ちばかり焦ります。

手帳に書いて、小まめに見て自分の叶えたい未来に向かって、自分の気持ちと行動がブレていないか確認しています。

CITTA式メソッドではヨガの哲学に基づいてその時間に適したことをすることおすすめしています。

・風の時間(ヴェーダ)

2時~6時 白湯を飲む、瞑想をする、窓を開ける

14時~18時 昼寝、手帳タイム、企画書を書く

・水の時間 (カパ)

6時~10時 手帳を見て予定を確認、今日1日をイメージ

18時~22時 ゆっくり入浴、瞑想、眠りにつく準備

・火の時間 (ピッタ)

10時~14時 大事なことを決める、好きな物を食べる

22時~2時 今日1日を振り返りよかったことを見つける

早朝6時までは、風時間です。

6時まで起きると1日スッキリして過ごせると言われています。

逆に、休日に遅くまで寝てしまうとたくさん寝たはずなのに・・・何もやる気が起きないと言うことはありませんか。

6時までに起きる習慣をつけましょう。

私も実は早起きが代の大の苦手です。

睡眠時間はきっちり取らないと昼間に眠くなってしまうタイプで、急な子供の送迎などで車の運転もするので睡眠時間は大事です。

早寝をすることで早起きしても、睡眠時間は今までと同じ時間確保して早起き出来るようになり昼間も眠くならなくなりました。

 

【CITTA手帳】を使うメリットについて

CITTA手帳を使うメリットは大きく3つあります。

【CITTA手帳】時間管理が出来るようになる

ウィークリーページで、時間を見える化することで今まで無駄にしてた時間が見えます。

私は、専業主婦ですが「この時間までに買い物を終わらせる」「この時間はブログの作業をする」など細かく書き込んでいます。

そうすると、自然と時間を意識してだらだらと過ごさないようになりました。

自分が予約した予定は、自分との約束です。

つい自分との約束は破りがちになってしまいますが、自分との約束こそ守れるようにしましょう。

でも、何が何でもとやらなければと執着しすぎるのは違います。

私も子供を3人育てているので、急な子供の病気でやろうと思っていたことが出来なかったと言うことはたびたびあります。

その時は、その事実は受け止めて次にそのやりたかったことをやる時間をCITTA手帳に予約しましょう。

【CITTA手帳】手帳を書くことが続くようになる

CITTA手帳は自分の未来を予約する手帳です。

従来の予定を書くだけの手帳とは違います。

自分がワクワクすることやテンションが上がることを書きこむ手帳です。

週1回の手帳タイムを意識して作ることで、手帳を書くことが続きやすくなります。

人はワクワクする楽しいことでなければ続きません。

ぜひ、手帳タイムはワクワクや楽しさを大切に過ごしてみてください。

【CITTA手帳】自分の本当の望みに気が付く

CITTA手帳を使い毎月ワクワクリストを書くことで、自分の本当の好きなこと、望んでいることは何か気づきやすくなります。

CITTA手帳を使う前の私は「自分の人生」をどこかでもうこんなものだと諦めていたところがありました。

でもCITTA手帳に出会い何度となく、自分の心に自分の望みは何なのか本当はどういう風に生きたいのか問いかけることが増えました。

1冊目、2冊目、3冊目と使うたびに自分の望み、進みたい方向がはっきりしてきました。

以前の私なら「こんなことできないよね」と諦めていたことも、何度も自分の望みを手帳に書き込むことで行動が変わり、今は自分の夢は叶う自分の生きたいように生きることが出来ると確信しています。

まとめ さぁ、CITTA手帳CITTA式メソッドを始めてみよう!

CITTA式メソッドは、CITTA手帳で必ずなければできないというものではありません。

ウィークリーページがバーチカルで、24時間の時間軸があり横にフリースペースがあれば大丈夫です。

本気で自分の望み通りに生きたいと思う方は,下記で紹介しているCITTA手帳の公式本でCITTA式メソッドをしっかり学ぶことをオススメします。

合わせてCITTA手帳ホームページもご覧ください。

手帳講座のおしらせなども載っていますよ。

 

 

 

 

 

-未分類
-, , ,

Copyright© 子育てしながらも私らしく生きる , 2020 All Rights Reserved.